下は向かない。笑って過ごすと心に決めて…

延命治療しかありません。と言われてから四年目突入。これからも笑って過ごすためにも前向きに!

その後②

検査の結果は、数カ所が光っていました。

Dr.から説明を受けたあと、次からは呼吸器になることを告げられました。


腰の骨の生検をしたのですが、それがPET検査の前にしたのか、あとにしたのか、記憶が曖昧で…😓

頭のMRも撮ったり、検査ばっかりでした。


後日、呼吸器のDr.(主治医)からの説明を聞きに、私と奥さんと私の両親も付いてきていました。


主治医からは、「肺から肝臓と骨に転移してます。手術は出来ません。今度は延命治療になります。」と告げられましたが、自分なりに調べたりしていたので、覚悟はしていたからか、頭が真っ白になるとかなく、普通に話を聞くことが出来ました。


「なんでもいいです。聞きたいことがあれば、なんでも聞いて下さい。」と言われましたが、特に質問もなく終わりました。

「余命はどれくらいなのか?」聞こうか迷ったのですが、余命がどんだけでも、これからは残された時間を後悔しないようにするだけやからと思い聞くのをやめました。聞いてたら、なんて答えやったんでしょうね。



それまで我慢していた奥さんでしたが、主治医の説明が終わる頃には涙が溢れ泣き崩れてしまっていました。

両親も涙を流し、3人の姿を見て、申し訳ない気持ちになったのを思い出します。😞

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。